フリーエンジニアの確定申告

会社員であっても将来の不安がぬぐえない時代である。エンジニアとして働く人々も技術を持っていたとしても会社員ではいられなくなりフリーで働く人も多くいる。フリーとして働くにはマネジメントなどの営業や確定申告など多くの今まで会社がやってくれていたことを自分でしなければならなくなる。フリーエンジニアになる際はそういったことをきちんと理解し、事前にしっかり勉強しておいたほうがいいだろう。フリーエンジニア向けのサイト等を活用することがオススメだ。

確定申告とは、毎年一年間の収入と支出などから所得を計算して税務署に申告と納税をすることをいう。会社員の場合は雇用している会社が行ってくれるが、フリーランスの場合は給与所得が38万円以下で免除される場合を除き自分で行わなければならない。

確定申告には青色申告と、白色申告の2種類が存在する。違いはさまざまあるが、白色申告ではかつて記帳義務がなかったことが大きな違いであるといえるが、現在では白色申告であっても記帳義務があるので違いが少なくなってきた。白色申告の方が手続きが簡単であるなどのメリットがあるが、多くのフリーランスが事前に申告の必要な青色申告をする。こちらの大きなメリットとしては、最高で65万円の特別控除が適応されること、家族の給与が必要経費とすることができること、損失を3年間繰り越すことができるなどがある。これにより節税効果が白色申告よりも高いため、フリーランスになりたてのときなどは特にメリットが高いとされる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です