フリーエンジニアの年収の開きと確定申告

フリーエンジニアとして仕事をしていく人の多くは、仕事の量と収入の量が比例することに魅力を感じて、より働いてより稼ぎたいと考えています。一般に言われていることとして高年収となることができるというのがメリットであり、企業に勤めているのに比べても同じような忙しさでより高い収入を得られるということも珍しくありません。

しかし、適性の高さや努力の程度、持っているスキルの需要などによってこなしていける仕事の量にも質にも大きな差が生じるため、その年収には個人間で大きなギャップがあります。営業能力も高く、仕事の手際もよいフリーエンジニアは1000万円を大きく越える年収を得ていますが、そういった点が苦手でスキルもありきたりのものしか持たない人は数年間赤字を続けるという場合すら散見されます。

こういったいずれのケースにおいても重要になるのが確定申告です。フリーエンジニアとなると自ら納税を行わなければならず、その書類作成のために帳簿をつけていくことが必要になります。確定申告の際には書類の作成が容易な白色申告と、体裁の整った書類を準備することでより控除等が受けられる青色申告とがあります。多少の負担を考えても青色申告をしておくことでメリットを享受できます。収入が高い場合には最大で65万円までの控除を受けられ、赤字の場合にもその赤字を翌年に繰り越すことが可能になります。帳簿の作成の一手間だけで節税につなげられるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です